かんたん会社設立マニュアル【公告の方法】 会社設立@大阪 HOME お問い合わせ
定款の作成・認証
資本金の払込
会社設立の登記
公告の方法
会社を設立すると、毎事業年度ごとに公告をしたねればいけません。

「公告」とは、会社の財務諸表を、株主や利害関係者等に公表するうための制度です。全ての開始やに義務付けられていますが、現実には公告を行っていない会社も数多くあります。

主な「公告の方法」には、@官報に掲載する方法、A会社のホームページに掲載する方法があります。日刊新聞等に掲載する方法もありますが、高額な費用がかかりますので、小規模な会社には向きません。

定款に何も記載しなければ官報による公告をすることになります( 費用掲載例)。大半の会社は公告の方法を「官報に掲載する」としていますが、実際に官報に掲載するには、費用がかかります。

電子公告(ホームページ)による公告は費用がかかりません。ただし電子公告の場合、まず会社設立の時点で掲載をするホームページを準備する必要がありますので、設立に間に合わない場合は、通常「官報に掲載する」ことになります。

また決算報告の5年間の掲示義務がありますので、ご注意下さい。
<< 定款作成時に決めておくこと >>
商号 目的 本店所在地 資本金
1株の価額 発行可能株式数 発起人 出資の方法
役員 役員の任期・員数 事業年度 公告の方法
株式の譲渡制限 株主総会 TOPに戻る
 会社設立専門 オフィスHAYASHI TEL 06-6121-6604 大阪市中央区道修町1-3-3(406) ←HOME