かんたん会社設立マニュアル【発行可能株式総数】 会社設立@大阪 HOME お問い合わせ
定款の作成・認証
資本金の払込
会社設立の登記
発行可能株式総数
「発行可能株式総数」とは会社が何株まで株式を発行することができるかで、定款に必ず記載することになっています。

例えば、会社設立時に100株を発行し、資本金を100万円とした場合、将来資本金を1億円まで増やしたいと考えているならば、発行可能株式総数は10,000株としておきます。

しかし会社を設立するときに、将来資本金をいくらまで増やすことができるかなんて誰にも分かりません。ですから、あくまで将来の目標という程度に考えておけばよいでしょう。

そうは言っても、発行可能株式総数を何株に設定したらいいか分からない場合は、何も考えず設立時の10倍としてみてはいかがでしょうか。それくらいに設定しておけば当面は問題ないでしょう。

もし、それ以上に株式を増やす(増資する)ことになった場合でも、定款を変更(変更登記)すればよいので、それほどナーバスに考える必要はないと思います。(ただし変更の登記には登録免許税3万円がかかります。)
<< 定款作成時に決めておくこと >>
商号 目的 本店所在地 資本金
1株の価額 発行可能株式数 発起人 出資の方法
役員 役員の任期・員数 事業年度 公告の方法
株式の譲渡制限 株主総会 TOPに戻る
 会社設立専門 オフィスHAYASHI TEL 06-6121-6604 大阪市中央区道修町1-3-3(406) ←HOME